« 旅125日目 | トップページ | 旅127日目 »

2006.11.14

旅126日目

旅126日目

11月14日、沖縄県読谷村〜沖縄県中城村、移動距離34.86km、総距離8191.9km、費用2114円、総費用392997円、会話人数2人。体の調子の悪さが人と会話する事へも影響しているのでしょうか。兎にも角にも腹の調子が悪くてどうしょうもない。朝飯をコンビニで済ませてからが事の始まりでした。3kmほど走ってから自体は急変。近くのコンビニに急遽足を止めて、男子便に先客だから女子に突入。それ位に紙一重な物が腹を蝕んでいます。実は昨日も、というか、むしろ昨日が紙一重でした。マングローブ林を散歩途中に催して、しかもその場所がマングローブ林の遊歩道の最奥でありましたから、マジで漏らすかと思い、マングローブ林に垂れ流す策も浮かんだ程です、びんぼっちゃまの様に。それ位に深刻さが増している我が腹。何が行けなかったのか、昨日のゴーヤーチャンプルーと一緒に出された味噌汁かご飯か、それとも朝飲んだ乳酸菌飲料が沖縄の水で製造されていたのか。もうわけがわからん。買った水でさえ恐れてしまう、信じられるのはコーラとメロンソーダだけ。そのコンビニのトイレに1時間近く燻り、ようやく外に出
ても腹の違和感と不安と今日の怪しい雲行きに全く進む気力なし。ここから那覇は近いから明日帰ってしまおうかと思う位に沖縄不信になっていますが、それじゃ都落ちもいいところだ。その考えはとりあえず打ち消して、ヨロヨロとチャリを漕ぎ始めます。て言っても10kmも進まないうちにまた足を止めます、嘉手納の道の駅に。昨日泊まろうか悩んでいた場所でしたが、以外にも平和な場所。県道を挟んだ高い壁の向こう側には日本でも最大規模の米軍基地『嘉手納基地』が広がっているのですが、米兵の干渉は全くなさそう。しかしまぁウルサい。天を貫かんばかりに戦闘機の騒音が響き渡ります。とりあえず腹が安心するまで小説でも読みながら安静します、って匂ってくるジャンクフードの脂っこく豊潤な香り。この道の駅にはハンバーガー店が併設されていて、そのハンバーガーがまたアメリカンで体に悪そうなジャンキーっぷりを醸し出しているから食うっきゃない。どれほどの食い意地よ、山口。いやむしろ足りなかったのはコレかというような、治療的感覚で食べる、ジャンボハンバーガーとポテトは山口の18番。んで結果正解か、腹の悲鳴は聞こえず。14
時半、道の駅を出発。“いっけな〜い、もう、こんな時間、朝帰りだった今日、ん〜まいっか”ガハハ懐かしい。んでまぁ本当にこんな時間なわけなんですね。今日行こうと思っていた与勝半島は中止。回る時間もありませんし、とりあえず今日は安静にしようと判断。だったら何してたかって言いますと、コンビニで立ち読みのハシゴ、沖縄まで来て。ブックオフも行ったし。本当にヒドイ。その怠慢ぷりに琉球始祖の神アマミキヨが怒ったか、なんとか持ちこたえていた天気が17時になって本格化し、コンビニで足止めを食らう。まぁその間も立ち読みにふけますが、野宿場所がまだ決まってない。候補になっている近くの公園もまだ行っていないので軒下があるか不安でたまらん。2時間粘りましたが、いい加減出発。んでラッキー、軒下あった。山口の旅勘に天晴れ。ただ運動公園っぽいので寝てもいいかが心配。まぁ寝て朝になってれば良いって話だ。写真は朝の残波岬。

|

« 旅125日目 | トップページ | 旅127日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅125日目 | トップページ | 旅127日目 »