« 旅88日目 | トップページ | 旅90日目 »

2006.10.09

旅89日目

旅89日目

旅89日目

旅89日目

旅89日目

10月8日、京都府舞鶴市〜京都府京丹後市大宮町、移動距離約50km、費用1646円、総費用286672円、会話人数8人。6時起床、今日は会社でお世話になりました、熊の字さんのお宅にお世話になりに行きます。今日も菓子パンは欠かさない。昨日の道の駅のメロンパンを忘れられず、2つ食った。ローソンの蜂蜜メロンパンは結構なお手並み。ただ130円は高ぇや。最近のコンビニパンは平気で150円以上の値段を付けてくるから意味わからん。特にセブンイレブンは半端じゃない。180円するパンとかあるし、あん畜生。まぁいいや。熊の字さん家までの道中には、あの日本三景として名高い天橋立があるわけでして、そりゃあ参上しないわけには行かないってのが道理というもの。天橋立は、その名の通り天に橋が架かっている様なアレなんです。そしてそれに面する阿蘇海は、昭和天皇に天橋立の説明をした時の天皇の応えが「あぁ、そうかい。」だったから阿蘇海になったんだとか、んな阿呆な。天橋立内をゆっくりとサイクリングいたします。風が吹きますと8000本といわれる松の木の葉が、針の如くきめ細やかな音を山
口の耳へと運んでくるわけです。優雅な一時を終えて、股のぞきで知られる展望台へと向かいます。やはり展望台からの眺めは無論天橋立。テレビと一緒や。そりゃ股からのぞきました、無論天橋立。それよりミニスカでヒール履いた女の子が可愛いかったからそれに夢中だったっちゅうか、なんでこんな場所にミニスカにヒールなんだって疑問は尽きる事なく、夢中でしたヤッパリ。12時半、天橋立観光を終えて熊の字さん宅に向かいます。14時、熊の字さんとの久しぶりりの再会に心躍る山口。昨日、今日とこの地域ではお宮祭りが開催されているらしく見に行く事に。祭りと言いましても、古来からの由緒正しき祭り、と言うより儀式に近いもの。獅子舞や太鼓や能(?)が約3時間かけて披露され、最後に高校生位の少年達のアクロバティックな踊りになると地元の方々は割れんばかりの盛大な拍手を持って、祭り関係者を称えるわけです。地元ならではという感じ。その祭りの後はお宅にお邪魔して、色々な旅話に花を咲かせつつ暴飲暴食の嵐、みたいな。そして爆睡、みたいな。もう1日お世話になろうかなと、迷惑を企てる夜でございます。写真
は天橋立の松林、展望台からの股のぞき、股からのぞいた天橋立、お宮祭りの子供太鼓。通りすがりのオッチャンに股のぞき風景の写真をお願いしたんですが、ケツに天橋立がぶっ刺さってるようなセンスある写真を撮って頂きました。

|

« 旅88日目 | トップページ | 旅90日目 »

コメント

ここで、旅の一句

『股のぞき
女子(おなご)の容姿に      無我夢中』

投稿: 名無し | 2006.10.10 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅88日目 | トップページ | 旅90日目 »