« 旅100日目 | トップページ | 旅102日目 »

2006.10.22

旅101日目

旅101日目

旅101日目

旅101日目

旅101日目

旅101日目

10月20日、島根県出雲市〜島根県浜田市、移動距離112.2km、総距離6793.6km、費用2958円、総費用12808円、会話人数7人。あぁ、今日は死んだし、疲れたし、ついてないし、感動した。全部味わった日です。6時半起床、2日程前に見た週刊予報では一週間先まで晴れって書いてあったのに雨。先を急ぎます山口に立ちはだかる『空』という偉大なるものの存在。言い忘れていましたが、27日までに長崎県行かなければならない用事がありまして、今急いで向かっている昨今で御座います。なので中国地方は昨日見逃した出雲大社と、山口県の日本最大級の洞窟秋芳洞を最後に発つ予定でした、が...。9時半、ようやく雨が止んでまいりましたので、いざ出雲大社へ。出雲大社は伊勢神宮と並ぶ日本最古の神社で、縁結びの神様として有名。広く落ち着きのある境内に、太鼓と笛の音が響き、気持ちよい朝の散歩。11時、出雲大社をあとにします。ここからがもうアホみたいにスケジュールがズレていく、昼にしてまだ100kmは進まないといかんのに。12時、通りすがりの道の駅でパン工房を発見して
しまい寄る。菓子パンに目がない山口にはどうしても避けられぬ名所。ピザパンとメロンパンとジャーマンポテトドッグと紫芋パイを買ってしまい、そのうえ道の駅の売店でイチジクソフトなんてめんずらしいソフトクリームが売ってるからそりゃあ食う。1時間以上ロス。先を急ぎます。道中、OSAKAさんが、ある看板を発見してしまう。『歓迎 石見銀山遺跡 世界遺産2007 登録』。!!!!。そんなとんでもない情報を今更聞かされても困るわ!そしてまさに今いる場所が目的の道の駅方面と石見銀山方面との分かれ道。石見銀山に行ってしまえば、まず3時間近くはロスしてしまう、しかし来年には世界遺産。人もごった返すだろうし、まず島根県なんてこんな遠い所まで来る事はこの先ないだろう、見るなら今がチャンス。クソが!行くっ!石見銀山、銀山がメインであるというよりも、その地区全てがメイン。昔から残る街並み、寺や神社の数々、自然豊かな山、史跡、そして銀山。最初は『五百羅漢』という史跡へ。五百羅漢は銀山で亡くなった人々の霊を供養する為に岩肌に掘られた洞の中に五百体ものお坊様の石像が安置されている場所。喜怒哀
楽、色々な表情を浮かべる石像の数々に心奪われる、ってか怖い。次に行った場所は石見銀山の中で唯一公開されている坑道『龍源寺間歩』。兵庫県でも生野銀山という史跡の坑道を見て来ましたが、坑道も色々な表情がある事を知る山口。感心ばかりしていますと時間もあっという間に過ぎるもので、既に時間は16時半。日がなくなるまであと一時間半しかない、しかし美味そうなごま豆腐屋を発見してしまい、食う。美味い。んで急ぐ。ここからはもう漕ぐのみ、50km先の道の駅まで。が、そんな時に限ってパンク。神の悪戯。30分後ようやく修理完了。しかし場所が悪かった、閉店したスーパーの前で不審な行動をしていると思われたのか、警察に通報されてしまったようです。警察登場、事情聴取、時間ロス。この時点で21時半、ゴールまで20km。もうグダグダ、この後スーパーに寄ったりして結局到着したのが23時。そりゃあ日記も書けんわ、んで寝た。併設されてるモスバーガーのハンバーガー220円を食って。理性も効かんわ。写真は出雲大社の参道、大社のクソデカいしめ縄、五百羅漢外観、龍源寺間歩入口、間歩内。しめ縄の
下にいる人達。ワラの隙間にお賽銭を挟もうと必死に投げまくっていました。なのでしめ縄のワラの間には小銭が滅茶苦茶挟まってる。そういうアレらしい。

|

« 旅100日目 | トップページ | 旅102日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅100日目 | トップページ | 旅102日目 »