« 旅54日目 | トップページ | 旅56日目 »

2006.09.04

旅55日目

旅55日目

旅55日目

旅55日目

9月4日、北海道小樽市〜北海道余市町、移動距離35.46km、総距離3773.4km、費用2382円、総費用198894円、会話人数9人。朝起きると心がクソ腑抜けになってました。自分でもビックリ。何もやる気が起きません。チャリ漕ぐのもしんどい。ゆっくり支度して、ゆっくりコンビニでジャンプとヤンマガとスピリッツ立ち読みして、朝飯食って、クソして出発したのが11時。どしたんだ、マジ?疲労は鵡川からの3日間でしっかりとれた筈なのに。知床から札幌まで、もの凄い頑張って走ったせいなのか、緊張の糸が切れたように頭は真っ白。11時半、腹空いてないのに、有名店のラーメン食う。口の中痛いから美味しさ半減。そして小樽運河へ。平日だというのに、観光客がわんさか。それが余計に気持ちをグッタリさせ、運河沿いの道をイラつきながら自転車を押していると、「あ!Testachじゃ〜ん、カッコ良いねぇ。」、自転車の事です。露店のオッチャンが話し掛けて来たんです。向こうからそんなテンションで話し掛けられたのは、初めてで、ポカーンとして反応に遅れる山口。そしてなんだかんだで気が合い、2 時間近く会話しました。その人はチャリ好きで、昔はカメラマンしてて、今は露店でガラスに絵を書いたものを売ってる、色んな経験をしてる人。この小樽という町で、個人で、色々な方法を考えながら試行錯誤を繰り返し、お金を稼いで生活しようとしている姿は、凄い新鮮で、僕の仕事や社会に対する考え方が変わる位に、何かその人からはオーラを感じたというか、なんか最近の旅なれしてしまっている腑抜けた心が真っ直ぐに立ったような、そんな出会いでした。オッチャンの写真を撮って余市へ。余市は僕がこの旅でお世話になりっぱなしのニッカウイスキーの工場があり、しかもその工場見学も試飲もタダなんていうクソ嬉しい企画を打ち出したとっつぁん坊や。?。ガイドさんの案内を聞きながら、最後に待つのは試飲、購入コーナー。ウイスキーとアップルワインと梅原酒を取りあえず気持ちくなるまで飲み続けて、アップルワインがクッソ美味〜い!って明日も来たくなる。久しぶりに服を全部洗って、風呂にも入って、気持ちよく炊事。そうです、今日から始めます、炊事生活。今日はその基礎でもあります、ご飯を炊いて、カレーライスを食ってやります。最初は強火 だよな...んでもって...あ、吹き出して来てっから弱火にしてみるかな...なんかすげー焦げ臭い匂いがする...。そんなこんなで出来ましたご飯、意外にちゃんと出来てる。後で携帯でご飯の炊き方を調べて見ると、最初に強火、吹き出したら極限まで弱火、焦げ臭い匂いが強くなって来たら火を止めて蒸らす、って行程。結構あってた、やっぱり暖かいご飯は美味い、洗うの面倒くさいけど。写真は小樽運河、露店のオッチャン、ニッカウイスキー工場。

|

« 旅54日目 | トップページ | 旅56日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅54日目 | トップページ | 旅56日目 »