« 旅45日目 | トップページ | 旅47日目 »

2006.08.26

旅46日目

旅46日目

旅46日目

8月26日、北海道弟子屈町摩周〜北海道ウトロ町、移動距離96.85km、総距離3062.3km、費用2156円、総費用156773円、会話人数3人。いつもの展開では昨日の意気込みは朝起きると萎え、消極的な方向へと進む僕でしたが、今日は違いました。うん、知床に行こうと。朝6時起床。随分と健康的なアレになったもんだ。すでに大阪君は荷物の整理を終え、朝飯を食べていました。今日の朝で大阪君との行動は終わり。僕は知床を目指し、彼は阿寒湖を目指します。阿寒湖はマリモで有名な湖です。彼はそそくさと去って行きました。僕とは正反対の性格で、意見が一致した事は全くなかったですが、なぜか気は合うみたいな奴でした。大阪に行ったらまた会ってみるか。7時半出発。今日中に知床にたどり着いておかないと、完全にスケジュールが狂う。っていうのも来週の金曜日に札幌に着くため。覚えていますでしょうか、僕が青森〜室蘭行きのフェリーで会ったライダー、札幌転勤さんを(旅26日目参照)。知床に来たのも彼と会うために日程を合わすのが理由でした。やっぱり旅に来て一番重要なのは、観光でも食 事でも風呂上がりのビールでもチョコミントアイスクリームでもなく、そう、人との交流なのです。良いこと言った!札幌転勤さんは土日が休みなので、金曜日の夜に再会出来ればという思惑。しかし知床、獣の巣窟。そんな不純な動機で行ったら一発で首がもがれちまう。そんな厳しさとそして時にはオヤジのような優しさをも持つ(?)、それが知床さ。ペダルに力が入るぜ。11時、知床連山が見えてまいりました。世界遺産。野郎、できる!しかし世界遺産にも苦労はつきもの。観光地化が進み、人の出入りが増すにつれて、生態系が危ぶまれる昨今。しかし危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、とはよく言ったもんだ。人間は恐ぇ。13時、オシンコシンの滝に到着。知床八景の一つに数えられる景勝地。しかしそうは問屋が卸さないってか。世間様は休日って事で、人がめちゃいる。溜め息。まぁしょうがない、自然はみんなのものですから。僕も心が広くなっちまったもんだっていうか、すったもんだっていうか、うん。14時半、早くも今日のキャンプ地に到着。そこで知床八景の一つ、夕陽台からの夕陽を拝みました。お天道さんはやっぱりデケぇな ぁ。明日は早く起きて人が少ない知床五湖を満喫するか。しかし早朝は熊さんの時間でもあるから、まぁ笑顔の練習でもするかな。熊さんだって笑顔な奴には、そう手出しできないでしょうが。写真は斜里岳、オシンコシンの滝。知床から斜里岳まで伸びる山々に太平洋の水分を含んだ風がぶつかって、山の上に雲が出来る様子が手に取るようにわかり、自然の雄大さを感じました。

|

« 旅45日目 | トップページ | 旅47日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅45日目 | トップページ | 旅47日目 »