« 第1日 | トップページ | 旅2日目 »

2006.07.13

第1日-続

今朝の4時。また眠れませんでした。暴走族の、と言いましても、5台もいたかというほどの少数部隊でしたが、そのエンジン音にビビり、ちょっとした物音にビビり、明かりにビビり。TBSラジオを聴いてやっと眠くなったのは3時。しかし目が覚めたのは4時。みたいな。昨日の話の続きです。世界一の大仏に興奮した僕は、その勢いのままに霞ヶ浦を渡す霞ヶ浦大橋へと向かいます。昨日の写真がその大橋。僕がカッコ良く写っているわけですが、この後早速トラブル。メーターが動かない。日本一周で僕がどれだけ走ったのか感動するため、この日から使い出したメーターでした。接触不良?はたまた大仏の仕業か。橋の向こうに見える「たまつくり」と言う道の駅で様子をみますと、とても美しく、艶やかに、そのケーブルは分断されているわけであります。3800円。人目はばからず、叫ぶ。右にハンドルをきると、ケーブルが張り、ぶち切れるという非常に巧妙なセッティングを施した、僕。まさに昨日の写真が証拠、あの瞬間、すでに彼は死んでいた。しかし何故か丁度持っている、ハサミとビニールテープ。大仏の仕業か。ケーブルはラッキーな事に接触も簡単 で、精密に直ったのかはともかく、メーターは動きだしました。クソ嬉しい。今日一番の達成感。僕はこの旅で顔を険しくしない、という事をモットーに歩んでいますが、早速その効果を発揮。爺様が話しかけて来ました。人との交流はこの旅の「幹」となる部分。話を聞くと、爺様の本職は競馬、そしてパチンコ店のバルーン取り付けが副業?車はフェアレディZに始まり、今はミニバンを乗り回す。モットーは我慢、まるでガンジーです。爺様の話は長く、旅の話に始まり、税金の話題を通り、パチンコは儲からないと呟く。話す事1時間、これも良い経験です。我慢。4時に走行を再開した僕、気づけば辺りも暗くなり、7時を回っています。今日は初日、この初日で一番最低の夜を過ごせば、この先何も恐くないのではないかと。風呂にも入らず、施設にも泊まらず、食にもこだわらず、我慢。正に苦行。Mです。夜も明けて来ました。何故大洗町か。ここには涸沼川と呼ばれる、シーバスフィッシングのメッカがあるわけです。今日は大物を釣りたいと思います。

|

« 第1日 | トップページ | 旅2日目 »

コメント

おー一日でかなり進んでる!!!
自分も見送り行きたかったよ
とりあえずハプニング期待

投稿: 金丹 | 2006.07.13 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1日 | トップページ | 旅2日目 »